経済学のおすすめ本を紹介【入門書・解説書・名著】

経済学を学びたい人向けに、おすすめの「経済学」本を紹介する。

「経済学」は、学問としての積み上げがしっかりしている分野であり、優れた入門書・解説書が多いので、学んでみると得られるものが多いだろう。

市場メカニズム、財政政策、国際収支、為替などを理解できるようになりたい、というのも、「経済学」を学ぶ動機として一般的なものと言える。

「経済学」は、同じ「経済学」と括られるものでも、「理論(マクロ、ミクロ、計量経済学)」と「思想(マルクス経済学)」とで、大きく雰囲気が違う。

この記事では、前半に「理論」を扱うもの、後半に「思想」を扱うもの、という形で紹介していく。

「優れた入門書であること」を意識して厳選したリストになっているので、経済学に興味のある方はぜひとも見ていってほしい。

市村英彦、岡崎哲二、佐藤泰裕、松井彰彦 『経済学を味わう』

現役の経済学者たちが、大学の学部1、2年向けに、「現代の経済学」を解説している。

東京大学の人気講義を書籍化したものだが、「経済を学びたい人のための優れたガイドブック」になっている。

ミクロ、マクロ、計量経済学といったオーソドックスなものから、新しく注目を浴びている分野まで、包括的に「経済学」を見渡すことができる。

あくまで概論であり、これ一冊でしっかり学べるというものではないが、本書単体でも十分に面白い。

各分野ごとに読むべき本のガイドが載っている。経済学に興味のある人なら買って損をしないだろう。

 

飯田泰之『経済学講義』

実際に大学で講義を受けおっている著者による新書。

ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学という、「学部生が学ぶ範囲の経済学」がカバーされていて、経済学という学問の位置づけや、実用との繋がりにも目配せしながら書かれている。

同種の本は多いが、門外漢が経済学を学ぼうとする上で、おすすめできるクオリティの高さである。

入門書として優しく書かれているが、表面的な説明ではないのでそれなりには難しい。

 

坂井豊貴『ミクロ経済学入門の入門』

「ミクロ経済学」は、シンプルかつ厳密な理論を持っている分野だが、それゆえに、現実との接続を感じにくかったり、どういう問題意識で何をやろうとしているのかがわからないままの人も少なくないだろう。

本書は、「何をやろうとしていて、どういう意味を持つのか?」が説明されるので、ミクロ経済に興味があり、一から勉強してみたいと考えている人には非常におすすめできる。図解が豊富で読みやすく、イメージで理解しやすい。

世の中には「入門書」と名がついているのにやたらと難しい本がたくさんあるが、本書は岩波新書の「入門の入門」シリーズで、初学者に向けて書くことを強く意図している。

とはいえ、扱おうとする内容自体が本格的なものなので、それほど簡単に読めるわけではない。

 

神取道宏『ミクロ経済学の力』

理論的な経済学をしっかり学びたい人向け。

入門書からさらに一歩を踏み出し、本格的に「ミクロ経済」をやりたいのであれば、本書がおすすめの一冊となる。

近年の経済思想系の論は、モデルを重視する経済学の前提の誤りを指摘しようとする。それも一理あるが、市場の均衡メカニズムやゲーム理論など、ミクロ経済の基本的な理論は、やはり重視されるだけの積み上げがしっかりあるので、学ぶ価値がある。

というより、モデルや数式を避けずに取り組んだほうが、結局は近道になる。

ミクロ経済が役に立つのかどうかはわからなくとも、理論的な洗練のある分野であることは、本書で学べば体感できるだろう。

わかりやすく解説しようとした本ではあるが、高校数Ⅲ程度の数学と、ミクロ経済学の初歩的な知識を前提として持っていたほうが読みやすい。

ミクロ経済学の前提知識に関しては、上で紹介した『経済学講義』や『ミクロ経済学入門の入門』で十分。

 

塩路悦朗『やさしいマクロ経済学』

日本経済新聞出版から出ている、初歩的な「マクロ経済」の解説書。

「ニュースを理解する上で必要な知識」が念頭に置かれていて、GDP、財政、利子、為替など、基本的な事柄が説明されていくので、経済に苦手意識を持っている人におすすめしたい。

現実のニュースと関連付ける事例を示しながら解説され、基礎的な理論がとてもうまく整理されている。

初心者向けの入門書としておすすめできる。

 

福田慎一 、照山博司『マクロ経済学・入門 第5版』

マクロ経済のテキストとしては、有斐閣から出ている本書が、価格も手頃で内容もしっかりしている。

大学のテストや公務員試験などでマクロ経済が必要な人は、それ用の試験対策用のテキストが良いだろうが、マクロ経済を体系的にしっかり学びたい人には本書がおすすめだ。

説明も手厚く、スタンダードなマクロ経済の基準になる。

ただ、教科書で学んだモデルをそのまま現実に適用できるとは考えないほうがいい。他の入門書や概説などを読んで、「ちゃんとマクロ経済を学ぶ必要がある」と感じたならば、本書のような体系的なテキストに手を出すのがいいだろう。

 

長沼伸一郎『現代経済学の直観的方法』

『物理数学の直感的方法』や『経済数学の直感的方法』といった書籍を出してきた著者が書いた、「現代経済学」の解説書。

オーソドックスな経済学の説明の仕方ではないが、ものすごく面白く、本書は特にクオリティが高い。

単に理論を明快に説明するというのではなく、経済学が発展していった経緯を踏まえて話が展開されていくのでわかりやすい。

著者独自の考え方も提示され、それが面白いのだが、鵜呑みにするのではなく良く咀嚼して考えたい。

数理を扱う他の分野の学問をある程度やっていた人が、経済学にも手を出してみようとする際の入門書としてなら、特におすすめできる。

 

宇沢弘文『経済学の考え方』

一流の経済学者である宇沢弘文が、「経済学の考え方」を一から読者に説明しようと試みる岩波新書。

数多くの経済学者と経済学説が出てくるが、アダム・スミス、リカード、マルクス、ワルラス、ウェブレン、ケインズと、基本的な流れが押さえてある。ジョージ・ロビンソンを一つの章を設けて論じているところなどは、著者自身の問題意識の強さを感じさせる。

出版された年代は1989年だが、今なお「経済学・経済思想」の入門書としておすすめしたい確かな内容。

著者の言葉として有名な「社会的共通資本」にも言及がある。

 

松原隆一郎『経済学の名著30』

ちくま新書の「名著30シリーズ」だが、この「経済学」版は、著者の見識の高さを伺わせる、非常にクオリティの高い内容だ。

経済学の古典を紹介していくシリーズは、『世界の経済学 50の名著』『経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる』などがあるが、表面的な説明すぎてあまり役に立たないことが多い。

一方で、本書は、1冊の新書で30冊を紹介する試みながら、どれも内容が濃く、時系列に沿って名著の解説を読んでいくことで、経済学の全貌が掴めるようになっている。本書単体で頭から順番に読んでいくだけでも勉強になるだろう。

時系列順に名著を追っていくことで、「そもそもミクロ経済やマクロ経済がどういう前提と発想から生まれてきたのか?」といったことが何となく掴めるし、次の学習の目星がつくようになる。

ミクロ経済やマクロ経済のようなモデルが「経済学」とされがちだが、その仮定が成り立つ前提を問い直すこともまた経済学の歩みであることがわかる。

新書とはいえ、情報が凝縮されていて、記述が難しめなので、すらすら読めるわけではないかもしれない。他の解説本などと併用して、気になった経済学者の解説を随時読む、という使い方も推奨できる。

 

瀧澤弘和 『現代経済学 ゲーム理論・行動経済学・制度論』

進化し続ける「経済学の現在地」を、専門外の人にもわかりやすく解説しようと試みた中公新書。

「合理的な人間」というモデルを疑わざるを得なくなった経済学は、心理学などを取り入れた行動経済学や神経経済学、実験経済学と変化していく。

制度の経済学や経済史研究なども記述に含め、最先端の経済学の「見取り図」を示そうとしている。

新しい内容を扱っているからか、完成度があまり高くないと感じる記述もなくはないが、十分に勉強になる一冊と言える。

 

根井雅弘『物語 現代経済学 多様な経済思想の世界へ』

理論化によって影響力を持った主流派の経済学に対して、思想や哲学を含む社会科学の幅広い観点から、経済思想の多様性を提示する。

マーシャル、ケインズ、サムエルソン、フリードマン、ガルブレイスなどの経済思想を、多様性と相対化を意識しながら紹介していく。

「現代経済学」と言うと難しそうな印象を受けるかもしれないが、ぐいぐい読み進めてしまえる面白さがあり、経済学に詳しくない人にこそおすすめしたい。

それぞれの経済学者の問題意識が納得しやすい形で明確に示されているので、現実と乖離した前提を採用している理論系の経済学本よりも読みやすく感じる人は多いだろう。

本腰を入れて経済学を勉強したいというわけでなくとも、教養書としてもおすすめしたい新書である。

 

稲葉振一郎『経済学という教養』

経済学についてまったく門外漢だった社会学者が、読者のために一から経済学を勉強して書いた「素人の、素人による、素人のための経済学入門」

経済思想を重視する経済学は、経済学が成り立つ前提を疑おうとし、そのような問題意識は、現在でも古びたものではまったくない。

社会学者ならではの視点から経済を読み解こうとするのが新鮮で面白く、経済学を学んだ人にとっても新たな発見があるだろう。

2008年に出されたものなので、やや内容が古いのがネックかもしれないが、日本の経済状況や経済思想への言及が多く、教養書としては十分に優れた内容に思う。

著者のパーソナリティが強めに出た癖の強い本ではあるので、人を選ぶかもしれないが、相対化した立場から経済学を学びたい人にとっては良い選択肢だろう。

 

 

以上、経済学を学ぶためのおすすめ本を紹介してきた。

ここでは、一般人が読みやすい新書を中心に紹介してきたが、教科書的に学びたいのであれば、「有斐閣」や「マンキュー」シリーズなどの手堅いものを選ぶと良いだろう。

 

当サイトでは、「社会人・ビジネスマン向けのおすすめ本を要約と解説つきで紹介」という記事も書いているので、よければ以下も見ていってほしい。

おすすめの本を要約と解説つきで紹介【社会人・ビジネスマン向け書籍】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。